コンテンツ本文へスキップ

ポッドキャスト 制作 | 企業 製品 ブランディング に

2024.02.01

ポッドキャスト 制作 なら
高いエンゲージメント率で記憶に残りやすい

耳コミュニケーション で
企業 製品 の ブランディング PR


ポッドキャスト 制作 | 企業 製品 ブランディング に

このページでは ポッドキャスト 制作 についてご提案していきます。デジタルマーケティングの中でも、これから注目度の上がっていくポッドキャストを活用した音声マーケティング。耳コミュニケーションは、高いエンゲージメント率で、リスナーにストレスを与えにくいことから、ブランディングに最適。企業ブランディング、商品ブランディング、採用ブランディングと、利用シーンは続々!2025年にはデジタル音声広告の市場は、約420億円市場ともいわれています。赤丸急上昇のポッドキャスト 制作について、このページで 解説・ご提案していきます。

ポッドキャスト とは、「iPod」と「broadcast」が組み合わさった造語で、音声などのデータをインターネット上で公開する方法、サービスのことを指します。ポッドキャストが普及してきた今では、インターネット配信の音声番組、音声コンテンツのこともポッドキャストと呼ばれますね。ちなみにポッドキャストは、Podcastと表現されます。

ポッドキャストは、Apple Podcast、Googleポッドキャスト、Spotify、Amazon musicといったアプリをインストールすれば、誰でも、好きな番組や音声放送を選んで、無料で楽しめます。ポッドキャストは、コンテンツを無料でダウンロードできるから、オフラインで視聴可能。これが、動画の世界と、異なる点の1つですね。ポッドキャストなら、Wi-Fiがあるところで、コンテンツをダウンロードしておけば、ネットがない環境でも、音声コンテンツを楽しめます。当然、ダウンロードしているので、ギガなどの通信量を気にしなくてもOKです。

ポッドキャストは、RSSフィードで、音声コンテンツファイルを公開する形式なので、作った音声コンテンツを、さまざまなポッドキャストアプリに配信できます。なので、Apple Podcast、Googleポッドキャスト、Spotifyなどに、一気にコンテンツ掲載ができ、ユーザーによって異なるアプリ環境でも、同じ番組を聴けるようになります。

標語のようですが、「好きな番組を好きなときに、好きなだけ」。これがポッドキャストの文化なのです。もちろん、ポッドキャストは、途中で再生を止めたり、途中から音声を聞いたりすることもできます。これはポッドキャストの魅力の1つです。

このようにポッドキャストはいわゆる、誰でも手軽に楽しめる「音声コンテンツ」なのですが、ラジオなどと同様に、「ながら利用」には、最適なコンテンツです。仕事をしながら、ランニングをしながら、料理をしながら、勉強をしながら。さまざまなかたちで、耳コミュニケーションを楽しめます。「ながら利用」も、ポッドキャストの魅力の1つなのです。

そのため、ポッドキャストの利用者数も増加の一途をたどっています。MAUで、国内ユーザーで、約1,700万人もいます。
ポッドキャストを1カ月間に1回以上利用するユーザーは国内に1680万人いると推計している。
(引用:株式会社朝日新聞社、株式会社オトナル 共同調査 ポッドキャスト国内利用実態調査2022 https://www.asahi.com/ads/podcast-research2022_1.pdf)

この調査によると、「15~39歳」までで44%、「40代」で12.9%となっていて、SNSの普及、利用層とかぶるような形になっています。平たく言えば、800万人くらいが、ポッドキャストのアクティブユーザーなんです。

それゆえ、企業も、ポッドキャスト制作をしています。ポッドキャストを活用している主な企業としては

  • COACH(コーチ)
  • Chanel(シャネル)
  • New Balance(ニューバランス)
  • Slack(スラック)
  • Microsoft(マイクロソフト)
  • eBay(イーべイ)
  • Shopify(ショッピファイ)
  • Johnson & Johnson(ジョンソン アンド ジョンソン)
  • BMW(ビーエムダブリュー)
  • Ferrari(フェラーリ)
  • Mastercard(マスターカード)
  • 三越伊勢丹
  • 阪急阪神百貨店
  • ヤッホーブルーイング
  • サッポロビール
  • ポッカサッポロフード&ビバレッジ
  • 講談社
  • 新日本プロレスリング
  • ダスキン
  • バンダイナムコホールディングス
  • 中川政七商店
  • メルカリ
  • 任天堂

といった企業です。そうそうたる企業がポッドキャストマーケティングを展開しています。それだけ、注目度が高いのです。

ポッドキャストは、ホームページのコンテンツや、Youtubeチャンネルのように、コンテンツがどんどんアーカイブされていくので、再度の利用をするユーザーもいます。そして、新規のユーザーも過去にさかのぼって視聴したりします。こういった点でも、ポッドキャストマーケティングが、企業の音声コンテンツの展開において、重要視されている点だと考えられます。

ポッドキャストの効果は、ブランドや商品、サービスに対してのエンゲージメントを高められることです。「ながら視聴」を通して、リスナーに音声ですりこんでいきます。他のコンテンツに比べ、音声コンテンツの場合、エンゲージメントが16%高い、記憶される率も12%高いとされています。

webマーケティングだと、認知率といえば、ディスプレイ広告DSP広告などが効果的と言われます。しかし、これを超えるのが、音声コンテンツによる訴求で、なんと、ディスプレイ広告に比べて、ブランド認知は、4.4倍になるんだそうです。視覚よりも、聴覚の方が残るんでしょうね!この結果は、それを伝えています。

それゆえ、ポッドキャストでの音声コンテンツ配信は、今度のデジタルマーケティング上、重要なポイントです。2024年では、まだまだ競合が少ない分野なので、早めに取り組んだ方がいい市場といえましょう。

SNSでもそうでした。早めにインスタグラムや、Tiktokでの配信を行っていた企業や団体には先行者利益がありました。

とはいえ、すでにたくさんあるポッドキャストのコンテンツの中で、いかに、自社の放送、コンテンツを聴いてもらえるか?は、方法論、戦略が大事です。その鍵を握る方法、手法は、大きく分けて2つです。

  1. 良質なオリジナルコンテンツ
  2. 集客、認知

です。面白いコンテンツでないと、繰り返し、あるいは、続けて聞いてくれません。これは当然です。

そのうえで、音声コンテンツ配信、ポッドキャストやっているよ!を告知しないと、聞いてもらえないですし、選んでもらえません。

ラジオで流せばいいじゃない!という方もいらっしゃいますが、その広告コストだって、バカになりません。1か月100~200万円のスポンサー料などが発生してきますからね。

クロトでは、この2つの軸に対してのソリューションをご用意しています。

1つは、ポッドキャスト制作です。ラジオ局などで番組を作ったり、企画してきたチームによる音声コンテンツの制作。音とマーケティングの融合で、ポッドキャストに配信するコンテンツの制作を行います。

2つ目の集客施策としては、その方法は、いくつかあります。

一例としては、ポッドキャスト用のwordpressブログによる集客です。wordpressを活用することで、番組用のwebサイトを作成。音声コンテンツをアーカイブしたページを作成して、SEO対策で集客していく施策です。もちろん、既存のブログ、たとえば、スタッフブログなどで告知いただいてもかまいません。音声コンテンツによるコンテンツマーケティングで、コンテンツによる集客効果を高めるイメージです。

少なくとも、wordpressなどで制作したブログ、ホームページがあれば、過去に制作したポッドキャストの音声コンテンツへの導線もできます。また、サイト内検索の機能もあるので、タイトルなどで、過去コンテンツを探しやすくなります。各ページをカテゴリー分けしておけば、音声コンテンツのジャンルごとに分類できるので、わかりやすさは増してきます。

クロト側でご用意することで、wordpressサイトの最適化ができますので、より効果的にSEOでの集客が期待できます。スマートフォン対応、タブレット対応もできますので、便利ですよ。noteでブログを作って、そこで配信していく施策などもございます。noteならSEO対策のベースもできていますし、そもそもの、ドメインパワーも強く、またクリエイターのファンも多いため、PRに最適です。note運用代行については、別のページでもご紹介しています。参考にしてください。

2つ目の例としては、各コンテンツのアンケートや告知用にSMSを活用して、ポッドキャストで配信している音声コンテンツの告知などを行っていく施策も考えられます。自社で持っている携帯電話の番号リストを活用できるので、中小の企業でも運用できるのはおすすめです。

集客なので、ポッドキャスト制作後、その音声コンテンツを、インスタグラムやTiktok、facebook、X(旧twitter)などのSNSでの「ポッドキャスト番組やっているよ」みたいなことも伝えられます。

別に運営しているブログやSNSから、「こんな音声配信やってます!」という場合、ユーザーをウェブサイトにさえ誘導できれば、好きなプラットフォームで聞いてもらうことができます。

即効性を求めて、音声コンテンツを知ってもらうために、集客の広告を展開することも可能です。検索エンジン広告などを活用して、潜在需要の高い層にリーチしていきましょう。ディスプレイ広告で、潜在層へリーチして、リマーケティング広告で、自社サイトへの誘導を強化していく方法も考えられます。

このようにポッドキャスト制作によって、御社の企業、商品・サービスについてのブランディングを成功できるよう、ご支援をさせていただきます。クロトでは、15年以上、多くの企業や組織、団体のwebマーケティング、デジタルマーケティングをサポートしております。ホームページ制作、システム開発、動画制作、コンテンツマーケティング、SEO対策、wordpress制作など、各種目的で活用いただいています。上場企業のオウンドメディア制作や運用、コンテンツマーケティングの企画運用、動画制作SNSでのPRなども行ってきました。長い時間の事業継続で培った、さまざまなノウハウから、さまざまなソリューションの提供が可能です。

ポッドキャスト制作は、よりこれから、注目度が増していく、音声コンテンツによるデジタルマーケティングです。前述通り、2025年にはデジタル音声広告の市場は、約420億円市場になると予想されている市場なので、2024年は、先駆けて、進めていくべき分野の1つといえましょう。

ポッドキャスト制作、音声コンテンツの制作をご検討の場合、ぜひ1度クロトにご相談ください。クロトなら、ポッドキャスト制作で、さまざまなベネフィットの提供が可能だと自負しております!お問い合わせフォームより、相談したい内容、希望納期、ご予算、オンラインでのMTG希望など、具体的な情報をいただければ幸いです。情報はあればあるほど、MTG時に、スムーズにお話ができるようになると思います。お問い合わせフォームにて、お問い合わせいただきましたら、担当者よりご連絡いたします。先行者利益を確保できるよう、ポッドキャスト制作 で ブランディング、音声マーケティング、いかがでしょうか?ご検討ください。



ポッドキャスト制作 サービス詳細

ポッドキャスト制作に関わる事柄で、クロトが対応可能なサービス詳細を記載します。ここでは、ポッドキャスト制作のために、実施できることや、付帯して、実施が可能なタスクなどをまとめています。

  • ヒアリング
  • 企画設計
  • お打ち合わせ
  • キャスティング
  • 収録
  • 配信
  • ポッドキャスト番組紹介ページ作成
  • 音声コンテンツブログ作成
  • 音声からの文字起こし
  • 画像作成
  • SSL設定
  • LP作成
  • 原稿作成
  • バナー作成
  • wordpress インストール
  • wordpress 初期設定
  • wordpress データベース構築
  • Googleアナリティクス4設定
  • Googleタグマネージャー設定
  • 問合せフォーム作成
  • SNS設定
  • ポッドキャスト アカウント作成
  • 動画撮影
  • 写真撮影
  • 台本作り
  • 音声コンテンツ編集
  • サムネイル画像作成

など

実際の業務内容は、契約、担当範囲、内容などによって、都度変動します。お打ち合わせなどですり合わせさせてください。

ポッドキャスト 制作 では、ポッドキャストの制作、配信で、今後も各種ツールの仕様変更や、さまざまなアップデートも考えられると思っております。基本、RSSフィードなので、さまざまな仕様の調整をしていきます。常に新しく変わっていきますので、その点 ご認識ください。

他社の ポッドキャスト 制作 サービスとの違いは、手軽さ、スピーディー、webサイト連動、SMS、SNS連動といったデジタル施策が専門的な点です。ラジオ局などに依頼するのとは大きく違います。

代理店管理システムの構築の詳細はこちら
wordpressを活用したコーポレートサイト制作もお任せください
※集客の定番!LP制作リスティング広告の運用も可能です
会員サイト制作もおすすめ!実績豊富なクロトへ

 


    ポッドキャスト 制作 よくある質問

    ポッドキャスト 制作 の よくある質問 をまとめました

    ポッドキャスト 制作 は どのくらいの時間で実施できますか?
    担当内容、環境、条件にもよりますが、最短で契約から、1か月程度で導入できます。
     
    ポッドキャスト 制作 は、1回分だけのお願いも可能ですか?
    はい、可能です。
     
    ポッドキャスト 制作は、通常、何回分作りますか?
    3か月、6本の制作を推奨しています。1クール分は配信して、定着化を狙います
     
    地方からでもポッドキャスト 制作の相談は可能ですか?
    はい、対応可能です。ネットMTGですり合わせしていければと思います。
     
    ポッドキャスト 制作 で、毎月の更新運用などもお願いできますか?
    はい、対応可能です。頻度などは相談させてください。
     
    効果測定は?どうなりますか?
    配信ポータルにもよりますが、再生回数、再生時間、離脱タイミングなどを測定できます
     
    ポッドキャスト 制作 は、どのくらいの費用がかかりますか?
    要件、担当範囲によります。お見積りなどは都度お問い合わせください。
     
    ポッドキャスト 制作 後、複数のポータルに投稿などもお願いできますか?
    はい、可能です。
     
    ポッドキャスト 制作 の データはホームページに掲載も可能ですか?
    はい、基本的には可能です。キャスティングにも依存します。
     
    ポッドキャスト 制作 で、コンテンツ企画からまるっとお願いできますか?
    はい、対応可能です。


    ポッドキャストとは

    ポッドキャスト とは インターネット経由で、音声を楽しむ配信サービス、音声コンテンツのことを言います。Podcastと記載されますが、英語ではなく、造語です。

    ラジオと違って、いつでも視聴することができます。

    ポッドキャストとは

    基本、ながら聴きの文化になっています。

    それゆえか、すでに、アメリカ、欧州では、大人気のポッドキャスト市場となっています。前述のとおり、音声マーケティングのツールとして、有名企業が活用している事例もいっぱいあります。

    なので、地味に、多言語放送で、インバウンド狙いのコンテンツを作っていく!というのもありかもしれません。

    インバウンドとも相性がいいのが、音声コンテンツの魅力の1つですね。
    特に、英語圏のユーザー向けを考えて、展開したいなら、推しです!



    ポッドキャスト 始めるには

    ポッドキャスト で、音声コンテンツを作っていくうえで、何から、始めたらよいのでしょうか?

    まずは、

    ポッドキャスト配信プラットフォームへの登録

    です。

    そこで、出てくるのが、

    • チャンネル名
    • チャンネルプロフィール
    • コンテンツタイトル
    • コンテンツ紹介文
    • チャンネルアイコン
    • コンテンツのサムネイル画像

    の登録です。なので、事前に決めておきましょう。

    このへん、Youtubeと同じような感じです。ただ、Youtubeより、地味に、やることは少ないのもいいところです。

    あとは、台本を用意して、収録&編集、配信。

    これが基本のポッドキャスト制作の流れです。

    ところで、ポッドキャスト配信プラットフォーム、ってなんでしょう!


    ポッドキャスト配信プラットフォーム とは?

    ポッドキャスト配信プラットフォームは、ポッドキャストのポータルです。動画を例として、簡単に言えば、Youtubeなのか、ニコニコ動画なのか、Tiktokなのか。このようなかんじの配信元になるところです。

    ポッドキャスト配信プラットフォームは、以下のようなものがあります。

    • Spotify for Podcasters
    • Google Podcast
    • Apple Podcast
    • Voicy
    • Radiotalk
    • Amazon Music ポッドキャスト
    • himalaya
    • Stand.fm

    おすすめはSpotify運営の「Spotify for Podcasters」になります。

    Apple PodcastやGoogle Podcastなどにも配信できます。

    Spotify for Podcastersを使って直接、収録、録音もできます。



    ポッドキャスト制作 利用シーン

    次に、ポッドキャスト制作の利用シーンについて、解説します。

    ポッドキャスト 利用シーン

    要は目的です。何のために、ポッドキャスト制作をして、どんな効果を期待できるのか?という点です。

    • 企業 ブランディング
    • 商品 ブランディング
    • サービス ブランディング
    • 材料 ブランディング
    • イベント ブランディング
    • 採用 ブランディング

    こういったものが、ポッドキャスト 制作 利用シーンとして、考えられます。イベントなどは、やりやすいですよ。

    事例として、阪急阪神百貨店さんは、バレンタインデーの催事、イベントをポッドキャストで告知していました。

    バレンタインチョコの販売をするお店などを紹介する場として活用されていましたね。

    不動産会社さんなども、オーガニック押しなどで、告知をするポッドキャストの展開をされていたりします。建材にこだわっている様子などを、適格にPUSHしていました。

    採用だと、フェリシモさんや、デジタルガレージさんなどが、採用系のポッドキャストの展開をしています。ベンチャーキャピタル XTech Venturesなども、採用関連のポッドキャストを配信されています。


    ポッドキャスト 制作 台本

    クロトは、動画撮影などの際も含めて、STORYを考えて進めていきます。なので、台本作りを進めていきます。

    制作する台本の長さは、条件、状況、にもよりますが、ポッドキャスト制作 台本 は、短めでも作れます。

    • 5分尺
    • 10分尺
    • 15分尺

    もちろん、フリートークベースで進めることも可能ですが、いきなり、しゃべるとなると、難しいものです。

    スピーチは訓練も必要ですからね。

    台本の冒頭は、挨拶、チャンネル紹介、今日のネタ。

    そして、実際のコンテンツのトーク。

    最後に、SNSでの告知や、次回予告など。

    こういうかんじで進めていくといいですね。

    ちなみに、1人では辛い。。。ということもありますので、パートナーを入れてしゃべっていくことも可能です。



    ポッドキャスト 制作 メリット

    まとめると、ポッドキャスト制作のメリットは、以下になります。

    本文でも記載しましたので重複もしますが、ポッドキャスト制作メリットは、
    1. ブランディングに高い効果
    2. リスナーに低いストレス、抵抗感
    3. 新市場で、先行者利益も
    4. ホームページ、SNSとも相性がいい
    といった点です。

    この4点が、ポッドキャスト制作のメリットです。

    ちなみに、ほかにも、一般的には、動画よりも安い製作費 で制作ができます。それはそうです。編集する対象が、音だけですから。

    リスナーに与えるのが、低いストレス、抵抗感が少ないのも、「ながら聴き」によるメリットです。ですが、反響、反応には、科学的に良いとされているものです。

    なにより、欧州、アメリカですでに人気なんですから、日本にこないわけがありません。耳の文化、コミュニケーションは、間近です。

    webやSNSとも相性がいいので、集客についても、さまざまなカタチで展開できますし、ファンマーケティングの展開なども可能です。

    運用を考えると、圧倒的にポッドキャスト制作、いいと思いますよ。



    ポッドキャスト 制作 台本

    クロトは、動画撮影などの際も含めて、STORYを考えて進めていきます。なので、台本作りを進めていきます。

    制作する台本の長さは、条件、状況、にもよりますが、ポッドキャスト制作 台本 は、短めでも作れます。

    • 5分尺
    • 10分尺
    • 15分尺

    もちろん、フリートークベースで進めることも可能ですが、いきなり、しゃべるとなると、難しいものです。

    スピーチは訓練も必要ですからね。

    台本の冒頭は、挨拶、チャンネル紹介、今日のネタ。

    そして、実際のコンテンツのトーク。

    最後に、SNSでの告知や、次回予告など。

    こういうかんじで進めていくといいですね。

    ちなみに、1人では辛い。。。ということもありますので、パートナーを入れてしゃべっていくことも可能です。



    ポッドキャスト制作に使える! インタビュー テクニック

    このブロックでは、ポッドキャスト制作に使える インタビュー の テクニックについて記載をしていきます。

    ポッドキャストの放送で、1人だと、なかなか難しいこともあります。そこで、開発者を呼んでインタビューしてみました!!みたいな企画を進めるときがあります。

    そんなときに、使ってみたいのが、インタビュー テクニックです。

    話をよく聞くとか、事前に台本を用意するとかは、当然のこととして、以下のような点がインタビューのテクニックとなります。

    対象者が詳細に話せるような質問設計

    掘り下げる質問をする

    短い質問

    前提をいれない質問

    上記4つが、ポッドキャスト制作に使える! インタビュー テクニックになります。

    インタビュー対象者が詳細に話せるような質問とは、はい、とか、いいえ、で答えられないような質問です。この大根は、どんなところがいいですか?と、この大根は辛いですか?は、前者のインタビューの方法の方がいいんです。

    インタビューを受ける対象者が、話を拡張できるような質問の振り方を心がけましょう。そのためにも、わかりやすい「短い質問」や「前提をいれない質問」をしていきましょう。インタビューを答える側は、インタビュー慣れしていないケースが多いからです。

    掘り下げる質問をする、というのは、対象者の話題に関連する追加の質問を入れる!というようなかんじです。たとえば、この製品の素材は?AAAAです。AAAを使った背景はなんですか?みたいなかんじで、質問に追加していくようなかんじが良いです。流れを作って、インタビューを進めていくようなイメージです。

    ちなみに、採用サイトでのインタビューだと、なるべく、掘り下げる質問は、3つ以内にしています。あまり、掘り下げすぎると、答えきれなくなるからです。



    音声コンテンツ 音声マーケティング 実績 事例


    音声コンテンツ 音声マーケティング 実績 事例
    • 美容サロン
    • マリンスポーツ団体
    • アーティスト
    • 美容クリニック
    • 広告代理店
    • 企業向けSaasツール
    • 不動産会社
    • システム開発会社
    • web制作会社
    • 弁護士
    • 税理士
    • 司法書士
    • 宿泊施設
    • 健康食品メーカー
    • 食品メーカー
    • 飲料販売
    • OA機器 イベント
    他多数

    ご相談はお気軽に!

    phone03-6805-0821

    schedule平日:AM10:00~ PM7:00

    コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る