SEO対策。常時SSL、https対応

SEO対策に効果的。web、ワードプレスの常時SSL化、https対応


Googleが推奨するSSL、https化。セキュリティアップにも繋がるhttps対応

SEO対策。常時SSL、https対応2017年は、常時SSL化対応、https対応のトレンドが起きています。まず、Googleが「常時SSL」の推奨を公式発表したことに起因しています。これによって、常時SSL対応が、検索エンジン、Googleでの扱いが優位になりました。また、2017年1月リリースのChromeの56からは、通常のwebページ、httpページにパスワードの入力フォームがあると警告が表示されるようになりました。そして、2017年10月にリリースされたChromeの62からは、httpページに入力フォームがあると警告が表示されるようになりました。その結果、いろいろな企業のお問い合わせ、お客様相談で、警告に関するお問い合わせが増えているそうです。これらの対応のため、今、常時SSL対応への取組みが増加しています。

SEO的には常時SSL対応したhttpsサイトの方が圧倒的に優位なので、全ページhttpsにした方がセキュリティが高くなります。クロトの公式コーポレートサイトも常時SSL対応しました。検索エンジンでの評価もあがり、今まで100位以下だったキーワードでの表示が上位に表示されるページになりました。ただ、内部リンクの置き換え(ソース内のフルパス記述などがあると修正をしないといけない)など、地味に手間がかかるというのが現実問題です。また、facebookやGoogleアナリティクスの設定対応、単純なリダイレクトだと、検索エンジンでの評価が下がるのでそうならないようにする対応も、意外と大変です・・・。そして極めつけは、静的なページだけのwebサイトであれば、手間がかかる、対応が面倒、などといったことで済みますが、システムやプログラムが絡むと、なかなかそうもいかないですよね。

クロトでは、そういったお悩みに対して、しっかりとした調査から、常時SSL化の対応を進めております。https対応はトレンドなだけではなく、今後を考えると、すべてのサイトがhttps化していく流れなので、早いうちに取り組むことを推奨しています。その際、サーバの状況にもよるため、ヒアリングなどをさせていただき、場合によっては、SSLやサーバホスティング費用(月額や年額費用)の低減化、無料化のご提案も含めて、ご提案をさせていただくこともございます。また、ワードプレスの常時SSL化の対応ももちろん行っています。ワードプレスでも、ソースの調査などを行い、常時SSL化対応、https対応を行っていきます。また、常時SSL化により、サイトの表示速度が遅くなるケースもあるため、サイトの軽量化などのご提案をさせていただくこともございます。ちなみに、中小企業のホームページの場合、ホームページの規模が大きくないため、比較的簡単に、そして低いコストで常時SSL化の対応ができるケースが多いです。webサイト、スマホサイトのhttps化、検索エンジンからのアクセス数を増やしたい、セキュリティの強化をしたい、常時SSL化対応を促進するクロトにご相談ください。


SEO対策に効果的な常時SSL、https対応 概要

【作業内容例】
・調査
・ご提案
・仕様決定
・サーバ設定
・ソース修正
・プログラム改善
・本番リリース


【主な対応CMS】
Wordpress(ワードプレス)など
※SSLが無料で提供されるサーバ環境への移行もご提案可能
※AWSでの常時SSL化対応、https対応でも対応実績
※サーバの引越しなどで対応したケースもあります

【その他】
・単発のSSL設置、お問い合わせフォームの実装、多言語対応など、
軽いシステム、CGIなどもお気軽にご相談ください。
なお、お問い合わせ管理などのシステム導入なども行っております。


SEO対策に効果的な常時SSL、https対応 実績

SEO対策に効果的な常時SSL、https対応 実績・プロ野球情報メディア
・アパレルECサイト
・薬品メーカー 英語サイト
・医療法人オウンドメディア
・人材紹介会社サービスサイト
・ホテル予約サイト
・NPO法人コーポレートサイト
・不動産キュレーションメディア
・動画キュレーションメディア
・3Dカメラ紹介メディア
・アルバイト検索メディア
・老舗広告代理店 採用サイト
・中小広告代理店コーポレートサイト
・コンテンツプロバイダー採用サイト
・webサービス サービス紹介サイト
・ビジネスイベントサイト
・不動産物件検索サイト

事業概要

人材派遣 無料登録 登録で1万円ゲット!

LIVE SEARCH

玄人印章部

採用情報

pagetop