コンテンツ本文へスキップ

診断コンテンツ:ユーザー 体験 コンテンツ の作り方

2023.03.24

強いレコメンドになる診断コンテンツ を 作成


診断コンテンツ マーケティング診断コンテンツ は インターネットの強みを活かした 双方向型 コンテンツ として、多くのwebサイトで、マーケティング活用されてきています。

診断コンテンツ とは Webサイト上で複数の質問に回答すると「あなたはXXタイプです」と、質問結果にあわせて、診断結果とその説明を掲載するコンテンツです。診断コンテンツは、ユーザーが選んで、その結果を表現することで、ユーザーに商品やサービスをレコメンドできる、アクション促進型のコンテンツです。

では、なぜ、診断コンテンツが、アクション促進につながるのでしょうか?いくつか理由はありますが、まず、1つ目として、そもそも、診断コンテンツは、商品やサービスを覚えてもらいやすくなります。

なぜなら、商品やサービスに対する質問で、その商品、サービスの特性を覚えることができるからです。診断コンテンツは、いくつかの質問に対して、ユーザーが答えていくコンテンツですので、結果的に、商品やサービスの知識が増えていきます。これは、インターネット上のアンケートなどと同じで、回答をする際に、商品やサービスのことを考えるからです。以前、アンケートマーケティングみたいな手法が、流行ったりしていましたが、これは同じですね。ただ、アンケートマーケティングの場合、純粋なリサーチから離れてしまうため、ユーザー心理としては複雑な部分があります。しかし、診断コンテンツの場合、興味関心が高い人しか利用していかない流れなので、オーガニックにコンテンツ利用者のアクションを促進しやすくなります。

次に、診断コンテンツは、回答をしていくうちに、ユーザーにとって、メリットのある、そして、カスタマイズされたレコメンドになるから、アクション促進になるという点です。言い換えれば、ユーザーが選んでいくだけで、ユーザーにとって、ふさわしい答えを提供できるからです。

診断コンテンツの場合、作り方にもよりますが、ポチポチとクリック、あるいは、スマホで、タップしていくことで、コンテンツの最後に行きつきます。このとき、通常、診断コンテンツは、コンテンツの最後で、そのユーザーにとって、何がふさわしいサービス、商品なのかを解説しています。結果、そのコンテンツを読んでいる人は、自分にとって有益な情報を獲得できて、メーカーや、サービスプロバイダーから提案を受けたような形になりますね。結果、診断コンテンツが、アクションの促進になる!という流れなのです。

このように、診断コンテンツは、実際、ユーザーメリットも大きなコンテンツなのです。実際に、多くの企業で、実装されていますし、意外と人気なコンテンツになっているのも事実です。特に、目に見えない商品、サービスの場合、診断コンテンツは、PVやUUを獲得しやすいコンテンツとなっているといえましょう。

クロトでは、診断コンテンツを使ってマーケティングしたい!あるいは、診断コンテンツを手軽に始めたい!という事業者様向けに、診断コンテンツ 作成 をするサービスを行っております。

クロトで提供している診断コンテンツは、webページごと、診断コンテンツを提供するケースもあります。また、診断コンテンツのコンテンツ部分だけを提供するケースもあります。あるいは、webコンテンツのスペース、機能上、仕様上、プログラムが使えない場合などを考慮して、画像やPDFなどで、診断コンテンツの流れをまとめて提供するケース、などもあります。実に、さまざま対応が可能となっております。

診断コンテンツ作成において、重要なことは、各ユーザーごとにレコメンドする商品、サービスが変わることです。ここが変わらないと、診断コンテンツとしての価値は落ちてしまいますので、ここの設計は重要です。また、当然のことながら、webコンテンツとして何をPUSHしたいか?その理由は?も重要だと捉えています。Aさんのタイプには、これ、Bさんには、あのアイテム。その理由は?といったところが明確だと、ユーザーも納得して腹に落ちますからね。なので、内容によっては、エビデンスなども重要です。

診断コンテンツのエビデンス、信用価値を高める方法としては、専門家による監修です。監修してくれる専門家を用意することで、より該当コンテンツの信用度は高まります。薬品メーカーが、おすすめの掃除機の診断コンテンツを提供しても、ちょっと辛いですよね。しかし、薬品メーカーが、花粉症に聞きやすい掃除機の診断コンテンツを提供するなら、なんかよさそう!って思いますよね。こういう具合に、診断コンテンツの内容によって、監修する人は変わってきますし、表現も変わってきます。

クロトで行っている、診断コンテンツ は、基本的には、都度、内容によって、変わってきます。ですので、お問合せの際に、こういう商品、サービスの診断コンテンツを作りたい。その場合、何問くらいで答えにたどり着き、こういう商品・サービスをレコメンドするために、何パターンの結果を表現したい!みたいな内容でお問い合わせいただければ幸いです。ただ、予算の関係もあるかと思いますので、ご予算感もあわせて教えていただければ、幸いです。平均的に、ご依頼いただく診断コンテンツの作成費用は、だいたい、40~200万円くらいの間が多いです。診断コンテンツのお見積りは、診断コンテンツ の 設問数、ロジック、診断結果のパターン数、監修や専門家のキャスティング、活用など診断の内容に依存します。

診断コンテンツ 納品形式は、パワーポイント/エクセルでの納品、webページとしての納品、画像での納品などが可能です。データでの納品形式を想定しています。診断コンテンツの納品形式は、事前に相談しながら決められればと思います。また、診断コンテンツをアプリで提供されるケースもあります。ネイティブアプリでの診断コンテンツの提供については、診断コンテンツ スマホアプリ 開発のページをご参考になさっていただければ幸いです。

15年以上、クロトは、webマーケティング、SEO対策システム開発キャンペーンサイト制作など、サービスを提供しております。官公庁、上場企業や自治体、大手広告代理店、大手メーカーなどにもご活用いただいています。企業、団体のホームページ、ネイティブアプリなどにおいて、デジタルマーケティングの支援を行っております。診断コンテンツの作成についても、ぜひ、お問合せください。実現可否も含めて、ご相談などから、良い結果をだせればと思っております。事例として、診断コンテンツについては、お問合せから約2週間程度でご納品まで進んだケースもございます。

診断コンテンツ マーケティングについてのご相談、お問い合わせは、お問い合わせフォームからお願いします。まずは、NDA(機密情報保持契約)を結んでから!というケースもあると思いますので、お気軽にご相談ください。仕様や予算感、スケジュールなど、お問い合わせフォームにご記載のうえ、ご相談くださいませ。


診断コンテンツ 実施内容 例

  • ヒアリング
  • 設計
  • 構成作成
  • ロジック内容まとめ
  • webページ作成
  • キャンペーンサイト作成
  • 診断コンテンツ プログラム開発
  • webデザイン
  • インフラ設定
  • Googleアナリティクス設定
  • Googleタグマネージャー設定
  • 診断コンテンツ 告知用 検索エンジン広告
  • 診断コンテンツ 告知用 DSP広告
  • 専門家キャスティング
  • インタビュー

など

コンテンツ文字数などは協議のうえ、一緒に決めていきましょう。

※wordpress(ワードプレス)で、投稿したコンテンツとしての納品も可能。

検証環境、テスト環境構築などもご相談ください
デジタル庁 デザインシステムを活用することも可能です!

    wordpress カスタマイズ 開発 によって、会員サイトの構築も可能です。


    診断コンテンツ おすすめ 商材 サービス

    診断コンテンツ が おすすめ な 商材 サービス は、どんな、商材 サービスになるのでしょうか?

    前提として、診断コンテンツは、自分で課題解決をしようとしているユーザーがいて成立します。その自助努力を補強していく部分があります。

    そのため、ユーザーごとに、悩みや課題、需要、ニーズが異なり、その解決策が異なる商材、サービスに向きます。

    また、自分で情報収集して、内容をまとめようとしても、なかなか理解しにく高額商材や長期利用サービス、サブスクサービスなどに向きます。

    女性向けの商材にも相性がいいですね。SNSなどで、共有してくれたりされる可能性が出てきますし、LINEなどでもURLを送ってもらえる可能性があります。
    • 調味料
    • 製薬
    • コスメ
    • 健康食品
    • 美容サロン
    • 旅行
    • 観光
    • 大学
    • 学校
    • 資産運用
    • 保険
    • 保証
    • 不動産投資
    • リフォーム
    • サブリース
    • オートバイ
    • カーリース
    • アパレル
    • 家計簿アプリ

    などのサービス、商材と、診断コンテンツは相性がいいと想定されます。



    診断コンテンツ 6つ の メリット 

    診診断コンテンツ の メリットについて、解説していきます。もちろん、期待できる効果は、コンテンツによっても、変わってきますが、一般的に、診断コンテンツは、ユーザーのアクションから、自然な形で、申し込みなどを促せるので、申し込み、購買などのメリットがあります。

    診断コンテンツ メリット

    診断コンテンツ メリットとしては、主に以下のメリットがあります。
    1. 見込み顧客の獲得
    2. ブランディング
    3. サービス理解の促進
    4. PV セッション 増加
    5. SNS での 共有
    6. データ獲得
    診断コンテンツ メリットとして、上記の点において、効果を期待できます。各メリットについて、情報整理していくと。

    見込み顧客の獲得

    診断コンテンツは、参加型コンテンツです。

    そのため、ユーザーが参加してくれて、そのコンテンツを体験するので、診断コンテンツを通して、ユーザーは、見込み顧客になります。

    一般的に、見込み顧客の獲得には、ハードルが高い部分もありますが、診断コンテンツでは、自然な流れで、顧客の情報を知ることができます。

    アンケートよりも、ユーザーが得られるメリットが大きいので、見込み顧客の獲得には、おすすめなコンテンツです。

    ブランディング

    ブランディングにつながるのも、診断コンテンツのメリットですね。

    参加型コンテンツなので、コンテンツに対して、アクションしていくことで、企業、商品、サービス、人に対しての認知、理解が深まります。

    Youtubeなどで、アンケートの広告が表示されることがあると思いますが、アンケートを通して、その対象商品などの認知はあがっていると思います。

    また、特定事象と、商品などを紐づけることができるのも、診断コンテンツのメリットです。頭痛がする→そんなときは、これ!みたいなかんじで、ユーザーに連想のイメージを与えてくれます。

    サービス理解の促進

    上述の話ともかぶりますが、診断コンテンツは参加していくコンテンツなので、サービス理解が深まります。

    Aのときは、この商品!という連想もそうですが、Bのときは、別の商品!!といったかんじで、サービスの理解を深めてくれます。

    また、診断コンテンツのwebページなどの中で、画面上で、動画、画像や、イラストなどを見てもらうことで、サービス、商材への理解が深まることも。

    体験型コンテンツなのが、診断コンテンツのメリットの1つです!

    PV セッション 増加

    診断コンテンツは、Q&A方式で、進んでいくコンテンツです。そのため、ページ遷移などが発生しやすいです。結果的に、アクセス数が増加していきます。

    具体的な事例として、診断コンテンツを導入したことで、そのサイトのPVが、月間で10万PV、一度に増えた事例もあります。

    これはweb広告などでの集客以外にも、SNSで、よくシェアされていたことも原因の1つだと思われます。クリック単価100円で、10万PVを獲得した場合、単純計算で、1,000万円の費用がかかりますが、診断コンテンツ作りで、そんなにコストはかからないので、非常にコスパの良い施策になっていると想定されます。

    SNS での 共有

    こちらも上述の話と被る箇所もありますが、診断コンテンツは、SNSでシェアされやすいです。

    特に、youtube、twitter、インスタグラム、そして、最近では、tiktokなどで、共有されやすいです。もちろん、BtoC向けの診断コンテンツが多いですが、やはり、いいコンテンツは、共有されやすいんですよね!

    診断コンテンツは、そもそも、エンタメ要素も高いので、SNSとの相性もいいんだと思われます。バズが期待できるコンテンツ、なかなか誕生しにくいのでおすすめです。

    データ獲得

    最後に。データの獲得がしやすいのも、診断コンテンツの長所です。アンケートで、細かい情報を収集するのもいいですが、ライトに、情報収集できます。

    新商品に期待することは何か?とか、どんな機能があれば、買いたい!とか。マーケットプロダクトを推進している企業様向けに、診断コンテンツはおすすめです。

    回答してくれたデータをもとに、twitter、インスタグラム、tiktokなどで、投稿する内容を考えていくとかもしいですね。SNS投稿コンテンツとしても活用できます。



    診断コンテンツ 種類

      診断コンテンツ の 種類 は、主に以下のようなものがあります。
      1. 一問一答
      2. チェックシート
      3. ステップ型
      アンケートLPなどでよく見るのは、ステップ型で、ユーザーのモチベーションを高めやすい仕組みになっています。低価格でコンテンツ制作ができるので、おすすめの診断コンテンツとなります。ただ、質問数を増やしたいなら、チェックシート型も、見逃せません。診断コンテンツの目的次第ですね。

      診断コンテンツ 種類

      診断コンテンツのUIUX、質問方法が異なってくるため、各タイプのメリットについて解説します。

      一問一答

      言葉の通り、一問一答型の診断コンテンツです。

      1つの画面につき1問のみ質問が表示されて、選択肢の中から回答を選ぶ形式です。

      操作がシンプルで、ユーザーは、進みやすいです。また、比較的低コストで制作ができます。診断コンテンツとしてはオーソドックスなタイプです。ユーザーが途中離脱しにくい作りになっています。

      ただ、離脱が少ないのは、質問数が少ない時だけです。基本的に質問数が少ない(4、5問程度)までが、活用しやすい形式です。

      チェックシート

      チェックシートは、1つの画面で、複数の質問に対しての答えを回答してもらうタイプの診断コンテンツ になります。設問数が多い場合でも対応できます。

      また、1画面で、ユーザーは回答するので、ページ遷移が少ないため、離脱要素が減少します。

      ステップ型

      ステップ型は、質問に回答→次の質問が表示されるというスクロール型の診断コンテンツとなっています。

      このタイプの診断コンテンツの場合、数が多くても、ページ遷移がないので、離脱される可能性が下がります。

      また、ユーザーの回答によって、質問が分岐するので、診断コンテンツでの動きを出すことができます。

      半面、このタイプの診断コンテンツは、開発コストがかかります。ロジック開発が、大変だったりします。その結果、ユーザーに飽きられにくいので、両刃の剣といったところでしょうか。

      占い、相性診断、性格診断などで使えるのが、ステップ型の診断コンテンツです。



      診断コンテンツ サンプル

      診断コンテンツ の サンプル について、解説していきます。

      以下は、デザインをいれていない診断コンテンツです。

      診断コンテンツ サンプル
      https://clo-tho.com/chck2310/sample/question-b.php

      この仕組みの診断コンテンツでは、

      • 5段階の点数に応じた診断結果表示
      • 1問1回答式
      • ラジオボタン形式
      • 実施結果のCSVダウンロード

      ができるようになっています。phpで開発しています。

      汎用的に構成しているため、このロジックを活用したものであれば、あとは、サーバ設置や、御社の期待に沿ったwebデザインの制作になるので、診断コンテンツ作成が加速度的になります。サンプルとしてご参考にしてください。パッケージ商品となります。



      診断コンテンツ KPI

        診断コンテンツ の KPI について、解説していきます。

        診断コンテンツで、何を達成したいかによって、KPIは変わってきます。

        診断コンテンツで達成したい目的が、売上拡大 の場合、
        KPIも売上に設定しがちです。ですが、もう少し、下のハードルで設定しましょう。

        たとえば、診断コンテンツの完了数や、診断コンテンツ実施後のページ遷移などを1つKPIとして設けるようにしましょう。

        SNS広告でマイクロコンバージョンを設ける!という考え方がありますが、まさに、これが診断コンテンツのKPI設定と同じになります。

        また、診断コンテンツが、BtoB向けでコンテンツ開発している場合は、
        ・診断コンテンツ終了後のホワイトペーパーダウンロード数
        ・診断コンテンツ実施件数
        などがKPIの対象にもなってきます。

        このほかにも、自社サイトで商品やサービスの告知を行いたい場合は、SNSでのシェア数なども、ひとつの指標として考えられますね。もちろん、単純に、ホームページのPVや、UU、ユーザー数もKPIとして設定できると思います。

        そもそも、診断コンテンツ自体、1,000PVしかなければ、実施者の数も限られてきます。どこがボトルネックになっているかを整理する上でも、KPIの設定をあらかじめしておくと便利です。

        診断コンテンツ 改善点 が明確になります。診断コンテンツの改善点が見えてきたら、コンテンツのブラッシュアップ、露出を増やす施策、キャンペーンなどの展開を考えていきましょう。診断コンテンツのKPIは、数字で設定しておくと、わかりやすいですが、できない場合を鑑みて、過去の施策結果との比較をしておくといいと思います。読み物コンテンツとの違い、商品詳細ページとの違いを理解して、KPIの設定を考えていきましょう!


        診断コンテンツ マーケティング よくある質問

        診断コンテンツ マーケティング の よくある質問 をまとめました。

        診断コンテンツ 作成 は どのくらい時間かかりますか?
        ロジックや、制作物の内容や量にもよりますが、ご発注から最短2週間~1.5か月くらいで実施可能です。
         
        診断コンテンツのロジックはどうやって決めていますか?
        専門家が必要な内容の場合は、専門家のロジックに沿って、コンテンツを作成しています。一般的なコンテンツであれば、合議しながら、合理性に基づいて、診断コンテンツの作成を行っています。もちろん、お客様にもご確認いただいております。
         
        診断コンテンツ を、ファンマーケティングとして展開したいのですが、これは可能でしょうか?
        可能です。閉じられた空間での展開かと思いますが、掲載方法によっては、ご利用可能だと思います。
         
        診断コンテンツ マーケティング は 地方からの依頼でも受けていただけますか?
        はい、可能です。
         
        診断コンテンツ は SNS で公開することも可能ですか?
        はい。SNSで、作成した診断コンテンツを公開して、バズを狙うことも可能です。アクセスが多いと、サーバが落ちてしまったりもしますので、インフラ設計などは、事前に検討しておいた方がいいケースもありますので、ご注意ください。
         
        診断コンテンツの設計方法は?
        お客様ごとにある課題や、目的などをすりあわせさせていただき、そのうえで、診断コンテンツを設計しています。利用用途など教えてください。
         
        診断コンテンツの問題数は何問くらいがよいですか?
        Webサイトのアクセス増加やSNSでのPRだれば、10問程度が良いかと思っております。診断内容によっても変わってきますが、詳細な診断結果を出していく場合は、50問程度で対応していく方がいいです。とはいえ、問題数が増えれば離脱も増えます。ターゲットや目的を元に設計をしていきます。
         
        どんな商品、サービスが診断コンテンツに向いていますか?
        消費財や、日常的なサービス、高額商品。BtoBでもBtoCでも診断コンテンツは活用できます。
         
        診断コンテンツの監修者ってキャスティングできますか?
        候補者がいらっしゃれば、ご相談ください。いない場合、ご提案も可能です。
         
        診断コンテンツ 作成 を 複数依頼することも可能ですか?
        こちらも対応可能で、診断コンテンツを複数作成して、LPの効果検証などで複数パターンの診断コンテンツを作成して、展開し、分析していくLPOなどの対応をすることも可能です。



        診断コンテンツ マーケティング 制作 実績 事例

        診断コンテンツ マーケティング 制作 実績 事例

        • 大手飲料メーカー 診断コンテンツ
        • 大手オフィス機器メーカー 診断コンテンツ
        • 大手美容サロン 診断コンテンツ
        • 大手IT クラウドサービス 診断コンテンツ
        • 香水 メーカー 診断コンテンツ
        • LINE 診断コンテンツ マーケティング
        • 大手飲食チェーン 診断コンテンツ
        • 大手流通企業 診断コンテンツ
        • 不動産アプリ 診断コンテンツ
        • 製薬メーカー 診断コンテンツ

        etc

        ご相談はお気軽に!

        phone03-6805-0821

        schedule平日:AM10:00~ PM7:00

        コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る