LPO(ランディングページ最適化)

BtoB、BtoC問わず、webの販売促進で有効なマーケティング施策

戦略的なLPO(ランディングページ最適化)でweb広告の費用対効果をあげる


LPのCVRを上げ、より収益力のあるサイトへ
web広告×ユーザーターゲットにあったLP作りで売上改善へ

LPO(ランディングページ最適化)LPOとは、ランディングページを最適化することです。ランディングページの最適化の目的は、売上のアップ、web広告の費用対効果アップになります。そのためには、サイトやLPにアクセスしてくれたお客様のニーズやお悩みにこたえる表現をすることが重要です。LPOが重要視されるポイントはここです。いかにお客様の課題を解決できるか、そして、それが、売上にしっかり反映できるようにできるか。これは、BtoCビジネスだけではありません。BtoBビジネスでも活用できる戦略です。

そもそも、LP(ランディングページ)は、web広告などの広告の受け皿となるページです。アクセスしてきたユーザーに、商品・サービスを簡単に伝えて、購買や申し込みにスムーズにつなげるページです。しかし、web広告は、興味関心の薄いユーザーもランディングページへと誘導できます。その結果、多くの企業では、LP(ランディングページ)の直帰率は70~80%となっています。ちゃんとLPやweb広告を考えずに、広告代理店に丸投げしている企業だと、直帰率が90%を超えているなんてこともあります。こうなると、web広告の費用は垂れ流しで、ほぼ価値がありません。経営者もこの売上なら広告費はカットしよう!と思うはずです。しかし、それが正しい戦略でしょうか。webマーケティングが、コスト削減につながるマーケティングと呼ばれている世の中で、ただ失敗しているだけですよね。

LPOは、そんなLPの間違った直帰率をどんどん改善する施策です。そもそも、LPは、運用を通してよくなるツールです。チラシやDMで広告をうっていた方ならわかると思いますが、毎回毎回分析しながら、細部にわたって、テイストを変えたり、デザインを変えたり、いろいろな工夫を重ねて、これだ!というチラシやDMのクリエイティブを作っていましたよね。LPの制作も同じで、都度都度更新、改善が必要です。コンバージョン率(CVR)を上げるために、LPの問題点を解決していくのです。webでは、その改善につながる分析を、すばやく行えます。

ABテストという言葉が、webにはあります。要するに、LPのイラストや文言などをAパターンとBパターンの2パターンを用意して、より良い成果を出せるクリエイティブは何か?ということを検証するものです。意外とこのABテストを行っていないLPはたくさんあります。予算の問題でやっていない、という会社も多いのですが、web広告に投資するよりも、ずっと戦略的ですし、健全です。受け皿がしっかりしていてこそ、誘導しても購入や申し込みがされるのですから。まずは受け皿の改善をする!これが、LPOの考え方です。

LPOを行う上でのポイントは、たくさんあります。たとえば、ユーザーが欲しい情報はアイキャッチされるよう表現すること。ファーストビューが重要というのはこのことですね。LP(ランディングページ)は、商品やサービスの訴求ポイントを強調したレイアウト、そして、デザインにすること。シンプルでもいいので、わかりやすく伝えることが重要です。コンバージョン導線は目立たせること。当たり前ですが、購入や申し込みにつながる導線の強調は大事です。ただ、変な強調は逆効果です。アプリのDLをさせたいからといって、DLボタンをたくさん張っても意味がありませんし、そもそも、そのランディングページがバグっているとも思われかねません。ほかにもたくさんありますが、LPOは、簡単に書いてもこんなにやることがあるのです。

クロトでは、LPOを実施する前に、商品やサービスのユーザターゲット、ペルソナ分析から始めます。そして、今流しているweb広告が適切か、広告クリエイティブが無駄なクリック促進になっていないか、といった観点で確認したり、LP自体のクリエイティブとユーザーターゲティングがマッチしているかを分析していきます。そのために、LPOツールを活用したり、アイトラッキングを活用したりします。ただ、やみくもにツールを活用しません。むしろ、いかに戦略的に、ロジカルに進めるかを意識します。その上で、デザイン、コンテンツなどのクリエイティブをコントロールして、ネット広告の費用対効果を改善していきます。リスティング広告なら、比較的モチベーションの高いユーザーがアクセスしてくれますが、それでもCVしてくれない確率の方が高いのです。その確率をいかに高めていくか。ページ構成から一緒に考えていきましょう。マーケットやニーズと照らし合わせながら、分析して、アクション・仕掛けをしていきます。

LPOについてのお問い合わせ、お見積もりは、もちろん無料です。まずは、御社の課題、狙いをお打ち合わせで聞かせてください。サイトの離脱を防げるような、いろいろな施策を一緒に展開していきましょう!


LPO(ランディングページ最適化) 概要

・ターゲット分析
・ペルソナ分析
・戦略構築
・デザイン
・コーディング
・EFOツール導入
・漫画、イラスト、動画制作
・ページレイアウト変更
・web広告の見直し
・クリエイティブ改善
・ABテスト
・文言変更
・離脱防止ツール導入
・アクセス分析
・広告クリエイティブの変更

ユーザ属性を把握した上で、戦略的にかつ、ロジカルにLPO webページのパフォーマンスを上げ、お客様のビジネスを加速させます。


LPO(ランディングページ最適化) メリット

・広告の費用対効果改善
・売上拡大
・御社サービス、商品のファンの醸造
・リピーターを増やす地盤の構築
・御社サービス、商品のPR


LPO(ランディングページ最適化) 利用シーン

・最近、BtoBビジネスの企業が取り組みを強化
・BtoCビジネスでは、定期購入商品にて実施が多い
・アフィリエイト広告を実施しているが、売上につながっていない
・リスティング広告からの売上が下がっている
・検索エンジンからのアクセスが減少している


LPO(ランディングページ最適化) 実績、事例

・SP制作の広告代理店
・男性向けコスメ
・女性向けコスメ
・健康サプリ
・クレジットカード申し込み
・アプリサービス
・食品メーカー
・料理メディア
・部品メーカー
・採用サイト
・美容サロン


事業概要

人材派遣 無料登録 登録で1万円ゲット!

10秒でできる!リード獲得のお悩み診断

玄人印章部

採用情報

pagetop