改正個人情報保護法に対応したwebページ製作

2017年5月30日施行の改正個人情報保護法に対応したwebサイト製作


小規模事業者も規制対象になるので、対応webページの更新が必要です

改正個人情報保護法に対応したwebページ製作2005年に制定された個人情報の保護に関する法律(以下、「個人情報保護法」)。2017年、この法律がついに大きく改正されます。個人情報保護委員会より、平成29年5月30日の施行が予定されています。この個人情報保護法の改正の内容は、影響度の大きいものが多いのが現状です。特に、企業が早期に対応しなければならない事項としては、5000人要件の撤廃(小規模事業者も規制対象になる)ことです。今までは、5,000人以下の個人情報しか持たない企業については、対象外となっていましたが、今回の改正から、小規模事業でも、この改正個人情報保護法は関係してきます。そのため、しっかりとした規約や個人情報に関する取扱いについての規定、規約を明示しなければならなくなりました。特に、中小企業などで、ホームページをお持ちの皆さん。問い合わせフォームやお申込みなどのフォームの活用をされているかと思いますが、しっかりとした利用規約などの訴求もしなければいけませんが、同時に、この個人情報が漏えいされないようにする管理、管理体制の実施が必要となります。問い合わせフォームだからいいや!では済まされなくなります。そうなると、問い合わせフォーム1つとっても、SSLの導入や、そもそもの個人情報保護の規約などを作成しなければならなくなります。弊社では、そういった改正個人情報保護法に対応したwebサイト製作、更新も、ワンストップでお手伝いしております。規約的な文章の作成のお手伝い、SSLなどの導入、お問い合わせフォームの整備など、今まで対応されてこなかった企業様に向けて、改正個人情報保護法に対応したwebページの製作のバックアップを行っております。キャンペーンサイトにおいても、同様です。今までは、あまり意識していなかった規約の明示などをしっかりとしていく必要が出てきております。法規違反をすると、罰則もあります。しっかりとした対応をしたいのであれば、ぜひ弊社にお任せください。


改正個人情報保護法に対応したwebページ製作 概要

【作業内容例】
・企画、設計、ヒアリング
・サイトデザイン作成
・規約作成
・スマホ対応
・サーバ設定
・問い合わせフォームの暗号化
・コーディング
・申し込みフォーム製作


【主な対応CMS】
Wordpress(ワードプレス)
※もちろん、スクラッチにてシステム開発も可能

【その他】
・SSLの設置、お問い合わせフォームの実装、多言語対応など、
軽いシステム、CGIなどもお気軽にご相談ください。


改正個人情報保護法対応の実施具体例

【お申し込みフォームの修正例】
・企画、設計、ヒアリング
・個人情報保護方針の確認
・利用規約作成
・SSL対応(個人情報漏洩防止のため)
・サーバ設定

【多い事例が個人情報保護方針の非明示と非暗号化】
・個人情報保護のため、利用目的の明示、限定が必要です。
また、暗号化のされていない問い合わせフォームがとても多いです。


改正個人情報保護法に対応したwebページ製作 事例/実績

改正個人情報保護法に対応したwebページ製作 実績・事例・大手メーカー キャンペーンページ
・広告代理店 問合せフォーム
・美容サロン お問い合わせフォーム
・旅行代理店 申し込みフォーム
・人材紹介会社 登録フォーム
など

事業概要

人材派遣 無料登録 登録で1万円ゲット!

LIVE SEARCH

玄人印章部

採用情報

pagetop