デジタルコンテンツ販売

クロスセルに最適。
デジタルコンテンツ販売で月額課金ビジネスをスモールスタート


デジタルコンテンツ販売のプラットフォーム展開なども御提案可能

デジタルコンテンツ販売売上の拡大をどうしよう、とお悩みの経営者の方、ご担当者の方はいらっしゃると思います。経営企画室の方からは、既存商品、サービスの販売計画は立てているが、それだけでは売り上げの大幅な拡大につながらない、新しいサービスを増やしたいというお話を聞くケースもあります。もちろん、メインの商材の追加、サービスの拡充は進められているかと思いますが、クロトでは、クロスセル商材のご提案なども随時させていただいております。今回ご紹介する「デジタルコンテンツの販売」は、そういった売上拡大のためのクロスセル用の施策となります。

この「デジタルコンテンツの販売」は自社資産を活用した施策のご提案となります。御社資産の顧客、ユーザーに向けて、いくつかのデジタルコンテンツをご紹介していただき、その購入により、月額でその販売量、商品に応じて、収益を御社にて獲得するモデルになります。

対象となるデジタルコンテンツは、現状ご用意しているものが、ファミリー層向けのアプリや、セキュリティアプリ、生活拡充サービス、旅行やエンタメなどのクーポンサービスのデジタルコンテンツとなります。基本、すべて既存で販売している商品、サービスのため、運用面、サービス面では固まっているものになります。その点、ご安心ください。ユーザー数が見込めるようであれば、継続性のある収益につながる可能性があります

デジタルコンテンツの販売を通して、カスタマーサポートはどうすればいいか、という疑問もあるかと思います。こちらもご安心ください。クロトでご紹介するデジタルコンテンツであれば、そういったユーザーサポートについても、カスタマーサポート付、コールセンター付きのビジネスモデルをご提案可能です。

また、御社の進めたいビジネスモデル展開によっては、初期投資少なく開始できるよう、デジタルコンテンツ販売のプラットフォーム自体をご提案可能です。御社にて販売&集客をするだけ、といった展開も可能です。また、大きく稼ぎたい、ということであれば、御社に、デジタルコンテンツを販売することのできるプラットフォーム、コールセンター、そしてデジタルコンテンツ自体の商品を卸す形でのご提案も可能です。

そもそも、クロスセルが有効といわれる顧客層は、プロダクトやサービス、または会社のブランド自体にロイヤルティが高い顧客層だといわれます。つまり、そういった層への展開を意識できるだけのパワーを持っている法人さまにとっては、デジタルコンテンツの販売は、在庫の概念や流通の概念がないため、スタートしやすいビジネスモデルになっています。

顧客サービスの拡充、クロスセル用商品の拡大、ネット、リアル問わず、スモールスタートできるところからサブスクリプションビジネスを進めたい、そういったニーズにお答えできる可能性は大いにあります。ぜひ1度ご相談ください。


デジタルコンテンツ販売 概要

【実施の流れ】
・御社の展開したい流れ、既存リソースなどのMTG
・実績、方向性などを考え、デジタルコンテンツのご提案をいたします
・概算シミュレーションを元に御検討いただきます

・オプションのご提案として、プラットフォーム、広告枠などもご提供可能
  1.DSP広告
  2.スマホ対応のホームページがない場合は、ホームページ制作も行います
  3.リスティング広告
  4.facebookやTwitterなどのSNS広告
  5.独自プラットフォーム構築も御提案可能
※DSP広告の詳細→低クリック単価のDSP広告で露出
※ホームページ制作の詳細→ホームページ制作ならクロト
※問い合わせを増やす→企業サイト制作の詳細へ
※通常のスマホ向けECサイト製作の詳細→スマホ向けECサイト製作の詳細へ
※自社独自のプラットフォームを構築の詳細→プラットフォームビジネス構築の詳細


デジタルコンテンツ販売、デジタルコンテンツ販売プラットフォーム構築 事例、実績

・電子書籍サイト
・写真コンテンツ販売サイト
・有料会員サイト
・クーポン販売サイト
・有料人材紹介サイト
・動画アプリ販売サイト
・有料サービス販売サイト
・生活安全アプリ販売サイト
・セキュリティソフト販売サイト
・スマホアプリ販売サイト
・wi-fiサービス販売サイト



事業概要

人材派遣 無料登録 登録で1万円ゲット!

LIVE SEARCH

玄人印章部

採用情報

pagetop